ハーレーダイナFXDWを日本一高く売る裏技<査定,買取,売却>

 

ダイナFXDWを日本一高く売る裏技を公開!<査定,買取,売却>

ハーレー 買取査定 

 

ダイナ「FXDWGワイドグランド」は、ハーレーダビッドソンの2012年モデルとして、2011年11月に発売されました。

 

ツインカム96エンジンを搭載のダイナファミリーに「FLD スイッチバック」を新たに追加し、タコメーター、燃料計が標準装備となっています。

1980年に誕生した FXWG ワイドグライドの後継モデル。
カスタム不要のファクトリーチョッパーです。

 

今、注目を集めているのが無料で簡単に見積りができる『オンライン買取査定サイト』です。
この査定サービスを利用する事で、ハーレーの日本一高い買取業者を見つける事ができます。

 

>ダイナFXDWの査定金額を表示!30秒簡単査定!≪完全無料≫

 

 

ハーレー 買取

 

ダイナFXDW関連コラム

ダイナFXDW 

ハーレーの中でもチョッパースタイルは人気です。
カスタムする中でも、多いスタイルです。


そんななか、ファクトリーチョッパーというスタイルは、存在感の大きなものです。

このFXWGワイドグライド、初代モデルが誕生したのは、1980年です。
その当時、ハーレーダビッドソンは、いわゆる暗黒時代、AMF(アメリカンマシンファンダリー社)傘下にあった時代です。

 

そんな中、メーカー自らがチョッパースタイルを手掛けた「ファクトリーチョッパー」は、他を圧倒するスタイルで、人気でしたが、
2007年、ラインナップから姿を消していたのです。

そんなFXWGワイドグライド、再登場を待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか。